作業者

原状回復工事なら清掃などのサービスも提供してる業者に頼もう

退去精算を滞りなく

空室

修繕費の負担

賃貸物件に住むと、退去精算として敷金から修繕費が差し引かれることがあります。現在は、敷金や礼金などの契約をする不動産業者が多くなりましたが、この契約の場合、現状回復費として一定の金額を求められるケースが多く、現状回復費は一度支払うと払い戻しがありません。現状回復について正しい知識を持つ人は少ないです。ここから現状回復について詳しく説明してみます。現状回復とは、契約時の状態に戻すことを言いますが、押さえておきたいポイントがあります。賃貸物件はこれを所有する大家さんや不動産業者等が管理する物件です。契約時に元に戻すような契約内容がありますが、実際には回復の義務が入居者側にありません。クロスや畳、生活汚れなど、消耗と考えられる費用を入居者に求めることは、法で認められていません。建物は耐久消費財であり、経年劣化は避けられません。さらに人が使用することで消耗することはなお避けられません。家賃は物件の使用料で、利益を得る大家さんは修繕費を負担する必要があり、その費用は経費で認められています。著しい破損や壁への釘打ちなどの痕跡に関しては、入居者負担となりますが、使用によりやむを得ない汚れや消耗は大家さんが負担するようになっています。過失や故意に損傷となった箇所に関してのみ入居者が負担するのです。契約でペット不可となっていたのに、無断でペットを飼っており、床にキズが付いた場合は入居者が負担しますが、日常の使用による線キズや汚れの補修やクリーニング費用は負担する必要がありません。