作業者

原状回復工事なら清掃などのサービスも提供してる業者に頼もう

賃貸不動産を借りる時

工事

賃貸を借りる時には

賃貸のマンション、アパートを借りる時の契約で現状回復が含まれています。これは、退去する時には、借りた時と同じ状態に戻すことです。壁を汚した、穴を開けたりしたら修理をして返却します。借りる人がインテリアのために壁に釘を打ち付けたりすることもありますし、汚してしまうことがあります。故意、故意でないにかかわらず、退去する時、原状回復させて借りた状態に戻すのが賃貸不動産を借りた時の契約です。しかし、借りた時の状態がどうであったかはわからない人がほとんどで、多くは不動産会社からの原状回復の費用請求をそのまま支払ったり、敷金をそのまま支払ったりするでしょう。不動産のトラブルにおいて原状回復が正しいのかどうかが、不動産会社とのトラブルのひとつになっています。ですので、賃貸のマンション、アパートを借りる時にはまず、契約内容において現状回復についてどうなっているかを確認することです。そして、借りる時には、部屋のいたるところを写真でとり、現状がどうなっているかを記録として残しておくことが大切です。そして退去するときにその写真を元に修理箇所を特定していきます。そして、修理箇所、清掃箇所を不動産業者、大家さんと確認の上行うのがよいでしょう。原状回復を行う業者はどこが指定するのかもありますが、できるところは自分で行うのも方法のひとつです。賃貸不動産を借りる時には、マンション、アパート、一戸建てのどれもおなじですが、最初の状態を写真で記録しておくといざという時に役に立ちます。