作業員

原状回復工事なら清掃などのサービスも提供してる業者に頼もう

掃除や脱臭も行っています

空き部屋

コストを抑えた施工が可能

賃貸マンションやアパートなどは、部屋の借り主が退去する時に、部屋の壁紙や畳、フローリングなどに傷が付いていたり、破損などがある場合は、大家さんは現状回復工事を行う必要があります。そして、次の入居者が快適に生活を始めるためには、部屋をなるべく元の状態に戻しておく必要があるのです。現在、原状回復工事を行っている専門業者は、費用もわかりやすく明瞭になっており、きちんと見積もりを行っています。また、壁紙や床、畳、障子などが破損をしている場合は、高品質な素材を使用して原状回復工事を行っています。地元で評判の高い専門業者に依頼すると、コストを抑えた原状回復工事を行っているので、安心して依頼できます。賃貸マンションやアパートはもちろん、飲食店などの原状回復工事を行っているので、幅広い年代の人が施工を依頼しています。特にマンションやアパートなどは、長い間生活をしていると、部屋の臭いや汚れなどが気になっている人が多いです。そんな中、原状回復工事を行っている専門業者では、ハウスクリーニングや脱臭なども依頼できるので、安心して利用できます。また、優良な専門業者は、見積もり後の追加料金は発生しないため、費用の面でも安心できます。依頼主が希望する日時に現地へ訪問をして、原状回復工事を行っているため、迅速で丁寧な応対が特徴です。部屋や店舗、飲食店などを元の状態にきれいにしたい人は、まずは電話で相談すると良いでしょう。

賃貸不動産を借りる時

工事

賃貸不動産を借りる時にはまず、契約書の確認で原状回復がどうなっているか確認します。そして、借りるときには最初の状態がどうなっているのか写真を撮影しておき、退去するときにはその写真を元に原状回復を行います。

住まいの退去はスムーズに

ヘルメットを持つ人

マンションなどの入居者は退去時において部屋を元通りに戻す原状復帰の義務を負います。原状復帰では入居者の時間的・専門的な制約により、専門業者へ依頼されるのが一般的です。ポイントは優秀かつ安価な専門業者を見つけることです。注意点は過去の実績を把握すること、複数社から見積書を徴収することが挙げられます。

退去精算を滞りなく

空室

現状回復とは入居時の状態に戻すことを言いますが、正しい知識を持っていなくては必要のない費用を負担することとなります。過失や故意に損傷を及ぼした場合は入居者が負担しますが、止むを得ず出来や汚れや傷に関しては、大家さん負担となります。